FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F700GSインプレ

BMW F700GSを購入してから早1年。
DSC06600.jpg
走行距離も3万キロを突破し、このバイクの事がわかってきたので
乗ってて気に入ったとこ、気になることを簡単にまとめてみようと思います。
(ツーリング用途でしか使ってないので、ツーリングマシンとしての評価。)

まずは気に入ってるところ。

○乗ってて疲れない
とにかく疲れません。疲れたから休憩しよう、ということが無いバイクです。一日1000km走っても体力に余裕がありました。
ただ、前に乗ってたホンダの400Xもあまり疲れることは無かったので、F700GSだから疲れないというよりはアドベンチャースタイルの楽ちんポジションだから疲れないと言った方が正しいかもしれません。それでも400Xの倍の排気量でパワーに余裕がある分、高速走行は明らかに楽になりました。100km/h・3500回転で快適クルージングが楽しめます。

○安定感が抜群
ホイールベースが長いせいか、どっしり安定感がある走りをしてくれます。高速でハイペースで走っても全くブレないです。
かといって重鈍ということもなく、コーナリングもパタンと倒れてレールの上を滑るかのようにスーッと曲がってくれて快感です。

○外観がカッコイイ
どんな道でも走れるぜ!って感じのアドベンチャースタイルがカッコよくて大好きです。
ほんとにダート道でアドベンチャーするのは数えるほどですが、カッコイイからオッケーです。
それからボックスが似合うスタイルってのも気に入ってます。ツーリング用途で使うので積載性を確保しつつスタイルが崩れないのは超重要。

○音が良い
買うときには全然意識してなかったことですが、排気音が凄く気に入りました。
低音メインのブ~ンという音。パラツイン360度クランク特有の音です。
人によっては単調でつまらない音と感じるようですが、自分は好きです。
2000~3000回転くらいでまったり流していると、低音メインの排気音が聞こえて心地よく走れます。
ちなみに音量は結構大きめ。純正マフラーを使ってますが、アクセル回すとほんとに純正か?と疑うような威勢の良い音が出るので、住宅街ではちょっと気を使います。

○アクセルワークのダイレクト感
電子スロットルのおかげでスロットル開け始めのあそびが全く無く、まるで自分の手の動きとエンジンが直結してるよう。
乗り換えた当初はそのダイレクト感に感動しました。過敏過ぎないエンジン特性と相まって、意のままにバイクを操れてるように感じられて気持ちが良いです。

逆に気に入らないところ

×純正ローシートの座り心地が悪い
F700GSにはデフォルトでローシートが付いてくるのですが、この座り心地が悪いです。
足つきは良いのですが、あんこが薄くてすぐお尻が痛くなってしまいました。
なので買って1か月で純正のハイシートに交換。お尻の痛さが解消されて、足つき悪化も許容範囲内(両足土踏まずまで→両足つま先立ち)だったので交換して正解でした。

×エンストしやすい
クラッチのつなぎ方が雑だと、ストン、とあっさりエンストします。低回転でもアクセル回せばしっかり加速するんで、トルクが無いわけじゃないんですが、粘らないんです。アクセル開度が足りないと潔くエンストします。加えて1速がかなりハイギアードなので、乗り慣れるまではクラッチミートにかなり気を使いました。乗り慣れてても気を抜くとたまにやらかすので、要注意なところです。

×クラッチが重い
大型バイクはこんなものなのかもしれませんが、重く感じます。一日中走行していると地味に効いてきて辛くなります。
排気量がもっと大きいR1200GSより重いので、もうちょっと何とかしてほしいところ。

×ABSのキックバックが邪魔
荒れた酷道を走ることが多いのですが、ちょっとタイヤが跳ねただけでABSが作動してガガッとキックバックがくるのでびっくりしてしまいます。ちょっと過剰過ぎない?

×燃料タンク容量が少ない
リザーブ含め16Lはツーリングマシンとしてちょっと物足りません。燃費はだいたい25km/l前後なので、航続距離は400km程度。燃料警告灯が300km強の走行で点灯するので、ガソリンスタンドの少ない山間部に走りに行くときには不便さを感じてしまいます。せめて航続距離500kmは欲しかったです。

書き出してみるとネガな部分も結構ありますが、総じて扱いやすくて気に入ってます。

DSC06821.jpg
日本中連れまわして走行距離がどんどん伸びて行っているので、10万キロはあっという間に突破することでしょう。
乗り潰してやるつもりでガンガン走っていきたいと思います。
スポンサーサイト

エアチャイナでシンガポール往復

安い航空券が手に入りやすいので最近よく利用してるエアチャイナ。
正式名称は中国国際航空で、中国のフラッグキャリアです。

先日F1シンガポールGPを観戦しにエアチャイナのビジネスクラスで名古屋-北京-シンガポールを往復したのでその搭乗記を書いてみようと思います。

エアチャイナのビジネスクラスは路線によっては破格の安さで出てて、ヨーロッパ往復でも20万円以下で手に入っちゃいます。
今回のシンガポール往復も破格の10万円ポッキリ。
直行便のエコノミーとさほど変わらない価格でビジネスクラスのチケットが手に入ってしまいました。
あまりいい評判は聞かないエアチャイナですが、ビジネスクラスは果たしてどうなのか。
楽しみにして行ってきました。

名古屋⇔北京の機材は往復ともB737でした。
DSC07276.jpg
シートはかなり古い重厚なタイプ。
DSC07278.jpg
電動なんて洒落た機構はありません。全部手元のレバーで手動操作する必要があります。
リクライニングも大して深くは倒れませんが、フライト時間は3時間程度なので必要十分といったところ。
ただ、個人用モニターが無いのには驚き。一世代も二世代も昔の飛行機のようです。

席に座るとCAがウェルカムドリンクを持ってきてくれて食事は何にするかオーダーを取っていきました。
終始物腰柔らかく接してくれて案外サービスが良いです。

離陸するとお食事タイム。
テーブルクロスを敷いてくれてまずは前菜から。
DSC07280.jpg
海老がプリプリで普通に美味しくいただけました。

つづいてメイン。中華を選択してみました。
DSC07281.jpg
大きなチキンソテーの塊に麺と餃子。
ボリュームが凄いですが・・・ 美味しくは無かったです。不味くもないですが。
デザートのケーキは満腹だったので辞退しました。

復路では牛肉のステーキを頼んでみたのですが、これは美味しくいただけました。
メニューによって当たり外れが大きいようです。
中国系の会社だから中華を選べば当たり、とはならないのが難しいところです。

3時間のフライトを終えて北京には運よく定刻の到着。
DSC07283.jpg
昼間なのに薄暗いのは天気が悪いのか大気汚染なのか・・・
エコノミー客と一緒にバスに詰め込まれてターミナルへ移動しました。

乗り継ぎ地の北京では、エアチャイナのビジネスクラス利用客はなぜかファーストクラスラウンジが使えます。
(ちなみにスターアライアンスゴールドメンバーの資格だけでは使えません)
DSC07573.jpg
ラウンジの中身はビジネスクラスラウンジとほぼ一緒ですが、ファーストの方が人が少なくて落ち着いて過ごせます。

ダイニングエリアはそこそこ充実してます。
DSC07284.jpg
食べ物の味は不味くもなく美味しくもなく、といったところですが、なんとビールが冷えてました!
以前来た時は常温ビールしかなかったのに。大きな進歩です。

北京⇔シンガポールは往復とも最新のB787-9があてがわれてました。
DSC07285.jpg
今回は往路は昼行便、復路は夜行便を利用してみました。

座席は2-2-2配置で窓側席の場合は人の前を横切って通路に出ることになります。
DSC07556.jpg
座席はフルフラットになります。北京⇔シンガポールは約6時間とそこそこ長いフライトなのでありがたいです。
少し幅が狭いので寝がえりうつのは無理ですが、ふかふかの掛布団と相まって至極快適でした。

少し気になったのがモニターの位置。
DSC07286.jpg
席に座ると微妙に斜めの位置になってなんか落ち着かない感じでした。

CAの接客はなかなか良いです。
ANAやJALみたいに至れり尽くせりというのとは違いますが、適度に放置してくれて居心地よかったです。
食事時間の希望とか、一人ひとりの要望も聞いてくれてました。

機内食は日本線よりも選択肢が多く少しだけ豪華です。
往路の前菜。
サラダは好きなドレッシングを目の前で掛けてくれるサービス付き。
DSC07289.jpg
見た目も良く、野菜がシャキシャキしてて美味しくいただけました。

メインはインド料理(?)のラム肉のコルマソースをチョイス。
DSC07290.jpg
スパイスが効いてて大変美味。大当たりでした。

そしてデザート。
DSC07291.jpg
これは普通のお味。
機内食は日本路線よりも総じてレベルが高かったです。

機内食を楽しんだらフルフラットシートでぐっすり休んで疲れ知らずのまま目的地に到着。
シートも料理もサービスも、欠点らしい欠点が無い素晴らしいフライトでした。

エアチャイナのビジネスクラス、コスパ最高です。
ほんとにこんなに安くていいのか心配になるくらいに。

今回のフライトですごく気に入ったので、リピート確定です。
早速年末年始のヨーロッパ行フライトを予約してしまいました。

次の搭乗が楽しみです。

テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

オーストリア旅行・2017年夏 その3

ザルツブルク滞在最後の夜、コンサートにも行ってみました。
会場はミラベル宮殿。
宮殿前には見事な庭園が広がっていて、開演までの時間つぶしで散策するのにちょうど良かったです。
DSC07171.jpg

DSC07173.jpg

開演時間が近づいたので宮殿に向かうと、豪華絢爛なコンサート会場に通されました。
DSC07191.jpg
半袖にジーンズというラフな恰好だったので、場違いだったか?と焦りましたが、客の半分程度は同じようにラフな格好だったので浮かずに済んで一安心。
こんな歴史ある宮殿で一般人が気軽にに音楽を楽しめるなんて素晴らしいです。

肝心の演奏は素晴らしいの一言。
あまり肥えた耳じゃないので批評とかはできませんが、心を引き付けられる演奏で大満足でした。

コンサートを楽しんだ翌日、帰りの飛行機に乗るためにウィーンへ移動。
飛行機の出発まで余裕があったので、ウィーン市内の教会を2か所巡ってみました。

1か所目はシュテファン大聖堂。
DSC07215.jpg
ウィーンの中心地にある大きな教会です。
前にも一度来てますが、改めて見ても荘厳さに圧倒されました。
DSC07205.jpg
よくもまぁこんな建物を作ったものです。

2か所目はシュテファン大聖堂からすこし奥まったところにある聖ペーター教会。
DSC07206.jpg
DSC07209.jpg
ここでも素晴らしい内装ですが、さらにパイプオルガンの演奏も聴けちゃいました。
身体に響く重低音と澄んだ高音の組み合わせが最高に心地よかったです。

短いウィーン滞在を満喫して帰りの飛行機。
DSC07217.jpg
今回もオーバーブッキングでプレエコにアップグレードされてラッキーなフライトになりました。
帰りは乗り継ぎ便の接続が悪く、台北で一泊。

せっかくの台北なので、ホテルの近くをぶらぶらしてみました。

DSC07227.jpg
どうやって乗り降りするのか分からないほどギチギチに駐輪されたバイクが如何にも台湾的。

そのまま歩いてオタク街・西門街に突入。
DSC07231.jpg


西門街を散策ついでにふらっと立ち入ったアニメイトで高雄LRTの萌えキャラ(小帕ちゃん)のグッズを可愛さのあまり衝動買いしてしまいました。
DSC07232.jpg
台湾の萌え文化は一段と進んでいるようです。
台湾はまだ乗り継ぎでしか寄ったことが無いので、いずれ近いうちにじっくり観光したいものです。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

オーストリア旅行・2017年夏 その2

ザルツブルクには3日間滞在したのですが、中一日はちょっと足を延ばしてハルシュタットという湖畔の街まで出かけました。
世界一綺麗な湖畔の街だとかで期待も膨らみます。

ザルツブルクからハルシュタットまでは電車を乗り継いで3時間くらい。
ハルシュタットが近づくと進行方向右側に湖が見えてきました。
DSC07168.jpg
車窓が早くも絶景。

電車を降りたら人の流れに乗って駅の外へ向かいます。
DSC07107.jpg
駅からけもの道のような坂を下るとハルシュタットの街へ渡る船着き場があるので、そこから街へ渡ることになります。

電車が到着して数分で渡し舟がやって来ました。
DSC07109.jpg
Nice boat.

DSC07111.jpg
甲板までぎゅうぎゅう詰めになって街を目指します。

人が少なければ優雅なクルーズ気分を味わえるのでしょうが、通勤電車並の混雑でそんな気分にはなれないまま街の港に到着しました。
DSC07117.jpg
ハルシュタットは小さな街なので、徒歩観光でOKです。

歩き回っていると、撮影スポットを発見。
DSC07121.jpg
噂にたがわぬ絶景で思わずため息が出ました。
ザルツブルクからは少し遠いけれど、来る価値はあります。

観光してたら喉が渇いたので、街の端で見つけたスーパーでビールを調達して絶景に乾杯。
DSC07135.jpg
ダラダラと何をするでもなく絶景を眺めて幸せな時間を過ごせました。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

オーストリア旅行・2017年夏

今年はGWにドイツ&イタリアに行ってたのですが、何となくまた欧州方面に行きたくなったので夏休みを利用してオーストリアに行ってきました。
なぜオーストリアか?というと、ちょうど音楽祭の時期でなんかイベントやってそうだな、と考えたから。
音楽の知識なんてさらさら持ち合わせてなく、オーストリアと言えばモーツァルトくらいしか思い浮かばなかったので、モーツァルトの故郷・ザルツブルクを目的地にして出発しました。

今回使った航空会社はエバー航空。台北・バンコク経由でオーストリアのウィーンへ飛びました。
途中までは閉口するほど狭いエコノミー地獄を味わされましたが、途中からプレエコにアップグレードされてそこそこ快適な空の旅。
DSC07074.jpg
プレエコには人権があります。

ウィーンに着いたらそのまま電車に飛び乗り、3時間弱でザルツブルクに着きました。
DSC07075.jpg

ザルツブルク駅のインフォメーションで観光用にザルツブルクカードを購入。
ザルツブルクカードは市内の交通機関、大抵の観光名所がタダになる優れものです。
2,3か所観光すれば元が取れてしまうので是非買うべき。

DSC07100.jpg
ザルツブルクの旧市街は西欧によくある綺麗な街ですが、音楽祭期間中のためかどこ行っても人ごみだらけ。
そんな人で溢れ返った街の一角にモーツァルトの生家がありました。
DSC07101.jpg
派手な黄色をしていて有名な場所ですが、こことは別に「モーツァルトの住居」ってのもあります。
そっちの方がオーディオガイドもあり、中身が充実してました。

ザルツブルクのお城、ホーエンザルツブルク城に登ると街を一望できます。
DSC07093.jpg
街並みが絵画のように美しく、素晴らしい景色を堪能できました。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。