スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F700GSインプレ

BMW F700GSを購入してから早1年。
DSC06600.jpg
走行距離も3万キロを突破し、このバイクの事がわかってきたので
乗ってて気に入ったとこ、気になることを簡単にまとめてみようと思います。
(ツーリング用途でしか使ってないので、ツーリングマシンとしての評価。)

まずは気に入ってるところ。

○乗ってて疲れない
とにかく疲れません。疲れたから休憩しよう、ということが無いバイクです。一日1000km走っても体力に余裕がありました。
ただ、前に乗ってたホンダの400Xもあまり疲れることは無かったので、F700GSだから疲れないというよりはアドベンチャースタイルの楽ちんポジションだから疲れないと言った方が正しいかもしれません。それでも400Xの倍の排気量でパワーに余裕がある分、高速走行は明らかに楽になりました。100km/h・3500回転で快適クルージングが楽しめます。

○安定感が抜群
ホイールベースが長いせいか、どっしり安定感がある走りをしてくれます。高速でハイペースで走っても全くブレないです。
かといって重鈍ということもなく、コーナリングもパタンと倒れてレールの上を滑るかのようにスーッと曲がってくれて快感です。

○外観がカッコイイ
どんな道でも走れるぜ!って感じのアドベンチャースタイルがカッコよくて大好きです。
ほんとにダート道でアドベンチャーするのは数えるほどですが、カッコイイからオッケーです。
それからボックスが似合うスタイルってのも気に入ってます。ツーリング用途で使うので積載性を確保しつつスタイルが崩れないのは超重要。

○音が良い
買うときには全然意識してなかったことですが、排気音が凄く気に入りました。
低音メインのブ~ンという音。パラツイン360度クランク特有の音です。
人によっては単調でつまらない音と感じるようですが、自分は好きです。
2000~3000回転くらいでまったり流していると、低音メインの排気音が聞こえて心地よく走れます。
ちなみに音量は結構大きめ。純正マフラーを使ってますが、アクセル回すとほんとに純正か?と疑うような威勢の良い音が出るので、住宅街ではちょっと気を使います。

○アクセルワークのダイレクト感
電子スロットルのおかげでスロットル開け始めのあそびが全く無く、まるで自分の手の動きとエンジンが直結してるよう。
乗り換えた当初はそのダイレクト感に感動しました。過敏過ぎないエンジン特性と相まって、意のままにバイクを操れてるように感じられて気持ちが良いです。

逆に気に入らないところ

×純正ローシートの座り心地が悪い
F700GSにはデフォルトでローシートが付いてくるのですが、この座り心地が悪いです。
足つきは良いのですが、あんこが薄くてすぐお尻が痛くなってしまいました。
なので買って1か月で純正のハイシートに交換。お尻の痛さが解消されて、足つき悪化も許容範囲内(両足土踏まずまで→両足つま先立ち)だったので交換して正解でした。

×エンストしやすい
クラッチのつなぎ方が雑だと、ストン、とあっさりエンストします。低回転でもアクセル回せばしっかり加速するんで、トルクが無いわけじゃないんですが、粘らないんです。アクセル開度が足りないと潔くエンストします。加えて1速がかなりハイギアードなので、乗り慣れるまではクラッチミートにかなり気を使いました。乗り慣れてても気を抜くとたまにやらかすので、要注意なところです。

×クラッチが重い
大型バイクはこんなものなのかもしれませんが、重く感じます。一日中走行していると地味に効いてきて辛くなります。
排気量がもっと大きいR1200GSより重いので、もうちょっと何とかしてほしいところ。

×ABSのキックバックが邪魔
荒れた酷道を走ることが多いのですが、ちょっとタイヤが跳ねただけでABSが作動してガガッとキックバックがくるのでびっくりしてしまいます。ちょっと過剰過ぎない?

×燃料タンク容量が少ない
リザーブ含め16Lはツーリングマシンとしてちょっと物足りません。燃費はだいたい25km/l前後なので、航続距離は400km程度。燃料警告灯が300km強の走行で点灯するので、ガソリンスタンドの少ない山間部に走りに行くときには不便さを感じてしまいます。せめて航続距離500kmは欲しかったです。

書き出してみるとネガな部分も結構ありますが、総じて扱いやすくて気に入ってます。

DSC06821.jpg
日本中連れまわして走行距離がどんどん伸びて行っているので、10万キロはあっという間に突破することでしょう。
乗り潰してやるつもりでガンガン走っていきたいと思います。
スポンサーサイト

バイク、乗り換えました。

約1年間、4万キロ近くの距離をホンダ・400Xと走ってきたんですが、最近どうもパワーがたりないな・・と思うようになってしまって・・・ 
大型バイクに乗り換えちゃいました。

乗り換えたのは、BMW・F700GS !
DSC06280.jpg
電子制御てんこ盛りのプレミアムライン 2017年モデルです。(名前は700ですが、エンジンは800ccというややこしいモデルです。)

ロングツーリングメインなので、ツアラーが良い、だけど酷道探索も好きなので、走破性があってデカすぎないバイクを・・
ということで、ミドルクラスのアドベンチャーバイク、F700GSを購入することにしました。
そう決めてBMWのディーラーへ行ったのが今年の8月の事だったのですが、ちょうど在庫が無くなってしまってて2017年モデルの生産を待つことに。
大型二輪免許を取得し、首をながーくして待って、今月頭にようやく納車されました!

旅バイクにしたかったので、オプション装備も盛りだくさん。
パッケージで付いてきたものは、
・ESA(電子制御サス)
・ASC(トラコン)
・グリップヒーター
・オンボードコンピュータ
・センタースタンド
・ナックルガード
さらにディーラーオプションで
・ツーリングスクリーン
・エンジンガード
・純正パニアケース
・ヘプコ&ベッカー トップケース

・・・・・などなどを装着。

夢のツーリングマシン、完成です。
DSC06306.jpg
フルパニア化したので、後ろ姿はかなりゴツい。
しばらく走ってみてポジションに違和感があったので、日本標準のローシートからハイシートに換装してドイツ本国仕様に戻し、ますます快適なバイクになりました。

納車後は嬉しくてどんどんロングツーリングに出かけ、納車後3日でエンジンの慣らしを終え、納車後2週間で外装慣らしも終えました(泣)
(止まったときについうっかりバランスを崩してフルバンク停車。エンジンガードとパニアケースに小さい傷が付いただけで済んだのは幸いでしたが。)
どっしり安定して走り、思い通りに曲り、パワーもモリモリ。まさに求めていたバイクです。
これから乗り潰すつもりでガンガン走っていきます。

旅の相棒の紹介

去年の春に普通二輪免許を取り、バイク乗りになって1年が経ちました。
バイクの魅力にすっかり憑りつかれ、毎週のようにツーリングに出かけている昨今。
もはやバイクのない生活など考えられません。

ということで、今回は私のバイクの紹介をしたいと思います。

最初はレンタルバイクからはじまり、去年の初夏に初めて自分のバイクを購入。
それがこの子↓スズキ EN-125A。
ENDSC03770.jpg
単気筒125cc、原付二種に分類されるバイクです。
「原付」とはいってもそこそこパワフルで、山道もバイパスも、一般道であれば問題なく走れます。
購入から半年と経たずに突っ込んできた対向車を避けようとして転倒、廃車という悲しい最期となってしまいましたが・・・・ 
バイク乗りとしてのイロハを教えてくれた良いやつでした。

そして今の相棒がこの子↓ホンダ 400X
XDSC04206.jpg
最近人気?のアドベンチャースタイルで、パラツイン400ccのバイク。
出会いは一目ぼれでした。EN125を失って次のバイクは何にしようかとバイク屋を見てまわっていたとき、こいつとなら何処へだって行ける!そうビビッときて即購入したバイクです。

実際に乗ってみるとまあ運転のし易いこと。ワインディングをヒラヒラと走るのも爽快ですし、高速を走っても安定していて快適。高速域で追い越しをかけるときに若干パワー不足を感じる以外は言うこと無しです。
何より乗ってて疲れないのが旅の相棒として素晴らしい。本当にどこまででも行けちゃいます。
おかげで納車から半年足らずで走行距離が1万5千キロに達しようかというほどです。

ロングツーリングばかりで、いろいろと維持費はかかりますが、大事に乗って、これからも一緒にいろんな景色を見ていきたいと思います。
XDSC04284.jpg
プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。