タイ旅行 その4 旧ブルトレに乗って

チェンマイでの観光を終えて、チェンマイ駅。
バンコクへは往路と同じく寝台車で帰ります。
こんどこそは旧JR車で、と願いつつホームで列車の入線を待ちました。
bthai2014040201.jpg
出発時刻の16時になってようやく推進運転で入線してきました。始発駅で早くも遅れ発生です。
でも乗務員も乗客も誰も急ぐ様子は無し。タイらしい光景です。
私もゆっくり荷物をもって自分の車両、6号車を探しました。
6号車、6号車は・・・
bthai2014040207.jpg
旧JRの車両!よかったー、タイに来た目的をようやく果たせました。
バンコクまでブルトレ(パープルになっちゃってるけど)の旅ができます。

6号車のドアから車内へ。
bthai2014040209.jpg
ホームが低いので荷物を押し上げるのにも一苦労です。でもホームがあるだけまだマシ。先頭から4両くらいはホーム外に飛び出してますから。
ホームと反対側のドアも全開になってました。日本ではまずありえない光景です。往路でもドア開けっ放しで走ってたこともあったんで、ドア管理はいい加減なのでしょう。
そして自分の寝台へ。
bthai2014040215.jpg
あぁ、懐かしのB寝台です。
しかも、なんと簡易扉付のBコンパートタイプ!
bthai2014040221.jpg
レアものに当たりました。
ほんとタイまで来た甲斐があった。

乗り込んで20分ほど待ったところで列車が動き出しました。
バンコクまでの14時間の旅(時刻表通りなら)の始まりです。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タイ旅行 その3 チェンマイ

チェンマイ駅からチェンマイ中心地まで乗り合いタクシー(ソンテオ)で移動しました。
bthai2014040098.jpg
チェンマイでは公共交通機関がほぼ無いので、移動はソンテオかトゥクトゥクがメインになります。
いちいち値段交渉しなきゃいけないので若干面倒。

ホテルに荷物を置いてお寺めぐりに出かけました。
bthai2014040101.jpg
街のあちこちに寺院があり、どれも立派です。信仰心が厚いのでしょう。
お寺の入り口には禁止事項がイラスト付きで掲示されてます。
bthai2014040102.jpg
いちゃつくの禁止のイラストが百合に見えるのは気のせいか。

続きを読む»

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タイ旅行 その2 バンコク→チェンマイ寝台列車の旅

旅行2日目。
いよいよ待ちに待ったブルートレイン乗車日です。

出発は夜の19:35なのでそれまではバンコク市内を散策して時間を潰しました。
そして出発2時間前の17時半。
bthai2014040052.jpg
かなーり早めにチェンマイ行の始発駅、フアランポーン駅にやってきました。

ちょっとホームをのぞいてみると、乗車予定の14番列車、チェンマイ行の車両がすでに入線していました。
bthai2014040054.jpg


続きを読む»

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タイ旅行 その1 福岡→バンコク

旅行1日目。

旅行のワクワク感で朝早く目覚めてしまい、かなり早めに福岡空港へと向かいました。
今回利用するのはタイ国際航空TG649、バンコク直行便です。
出発3時間前には空港に到着し、チェックイン、出国とスムーズに進みました。

いつもなら出発時刻まで時間つぶしに苦労するところですが、前回のイギリス旅行でスターアライアンスゴールドメンバーになれたので、今回の旅行からは出発まで航空会社のラウンジを使うことができます。

今回福岡空港で案内されたのはJALサクララウンジ。スターアライアンスのタイ国際航空とワンワールドのJALが提携しているおかげで、スターアライアンスの上級会員資格でJALのラウンジが使えちゃいます。なんとも奇妙です。

bthai2014040004.jpg
こじんまりとしたラウンジですが利用客も4、5人しかおらず、まったりとした雰囲気。
国内線ラウンジみたいなガヤガヤ感はありません。

bthai2014040003.jpg
朝食を食べてなかったので、うどんですかいを食べてみました。味は何のことはない、ふつーのカップうどんです。
カップ麺の他に食べ物はおつまみスナックと肉まんのみ。若干寂しいラインナップでした。



続きを読む»

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

タイ旅行 その0

bthai2014040061.jpg
就活が終わり、ゴールデンウィークに時間ができたのでタイへ行ってきました。

最初はブルートレインに乗りたくて北海道方面に行く予定だったんです。でも旅費を計算してみるとどう安く見積もっても6万円は越えてしまいます。これでは予算オーバー。
どうにか安く抑える方法は無いか、と考えていたときにふと思い出したんです。そういえばJR西日本からタイ国鉄に譲渡されたブルトレ車両があったな、と。
ネットで調べてみると今もバンコク-チェンマイ間を24系、14系寝台車が走っているとのこと。
物価の安いタイなら国内でブルートレインに乗りに行くより安く済むんじゃね?マイルも溜まってるから特典航空券に交換して燃油サーチャージ払えば現地まで行けるし。ということでいろいろと見積もってみました。
1週間滞在するとして、現地での費用は2万円もあれば十分。燃油サーチャージも2~3万円くらいでしょう。合計で5万円弱。これなら行ける!ということで早速チケット類の手配に取り掛かりました。

まずは特典航空券。スターアライアンスゴールド修行でギリシャのエーゲ航空に貯めてたマイルを使ってみることにしました。エーゲ航空の場合、日本や中国の東アジア地域から、タイ、シンガポールなどの東南アジア地域まで全部ひっくるめて「極東エリア」という扱いになっています。このエリア内なら往復エコノミーでたったの25000マイルで交換出来ちゃいます。空いていれば。 
ネットから特典航空券のリクエストを出してみると、翌日昼間に返事の電話がかかってきました。日本語デスクなんて無い航空会社ですから英語での電話となります。
貧弱な英会話能力を最大限駆使した結果、なんとかタイ国際航空の福岡-バンコク往復エコノミーチケットを手に入れることができました。
かかった費用は燃油サーチャージ+税金+手数料で180ユーロ。1ユーロ145円でしたから2万6千円です。思ったより高いけど普通に航空券買うよりは遥かに安いですね。

さて飛行機のチケットは確保できたので、次は本命の鉄道チケット。
通常はタイに着いてから駅に行って買うようですが、私が乗りたいのは旧JRブルートレイン。1日1往復しか無い列車です。万が一にも満席で乗れない、なんて事態は避けたいところ。あらかじめ日本から予約しておきたいのですが、タイ国鉄のネット予約サービスは無い模様(以前はやっていたようですが)。そこで現地の旅行代理店に予約をお願いしてみたところ、快く受けて貰えました。
お金を振り込んで待つこと1週間、国際郵便でチケットが到着!
bthai2014040049.jpg
バンコク-チェンマイ往復分のチケットです。券面にしっかりとCOACH TYPE:JRの文字が記載されています。
2等(B寝台)下段で片道881バーツ(約2700円)。約15時間の鉄道の旅が3千円しないなんて。日本の物価では考えられない安さです。

これでチケットの手配は上手くいったので一安心。
ちゃちゃっと安宿をネット予約して出発日を待ちました。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR