FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアチャイナでシンガポール往復

安い航空券が手に入りやすいので最近よく利用してるエアチャイナ。
正式名称は中国国際航空で、中国のフラッグキャリアです。

先日F1シンガポールGPを観戦しにエアチャイナのビジネスクラスで名古屋-北京-シンガポールを往復したのでその搭乗記を書いてみようと思います。

エアチャイナのビジネスクラスは路線によっては破格の安さで出てて、ヨーロッパ往復でも20万円以下で手に入っちゃいます。
今回のシンガポール往復も破格の10万円ポッキリ。
直行便のエコノミーとさほど変わらない価格でビジネスクラスのチケットが手に入ってしまいました。
あまりいい評判は聞かないエアチャイナですが、ビジネスクラスは果たしてどうなのか。
楽しみにして行ってきました。

名古屋⇔北京の機材は往復ともB737でした。
DSC07276.jpg
シートはかなり古い重厚なタイプ。
DSC07278.jpg
電動なんて洒落た機構はありません。全部手元のレバーで手動操作する必要があります。
リクライニングも大して深くは倒れませんが、フライト時間は3時間程度なので必要十分といったところ。
ただ、個人用モニターが無いのには驚き。一世代も二世代も昔の飛行機のようです。

席に座るとCAがウェルカムドリンクを持ってきてくれて食事は何にするかオーダーを取っていきました。
終始物腰柔らかく接してくれて案外サービスが良いです。

離陸するとお食事タイム。
テーブルクロスを敷いてくれてまずは前菜から。
DSC07280.jpg
海老がプリプリで普通に美味しくいただけました。

つづいてメイン。中華を選択してみました。
DSC07281.jpg
大きなチキンソテーの塊に麺と餃子。
ボリュームが凄いですが・・・ 美味しくは無かったです。不味くもないですが。
デザートのケーキは満腹だったので辞退しました。

復路では牛肉のステーキを頼んでみたのですが、これは美味しくいただけました。
メニューによって当たり外れが大きいようです。
中国系の会社だから中華を選べば当たり、とはならないのが難しいところです。

3時間のフライトを終えて北京には運よく定刻の到着。
DSC07283.jpg
昼間なのに薄暗いのは天気が悪いのか大気汚染なのか・・・
エコノミー客と一緒にバスに詰め込まれてターミナルへ移動しました。

乗り継ぎ地の北京では、エアチャイナのビジネスクラス利用客はなぜかファーストクラスラウンジが使えます。
(ちなみにスターアライアンスゴールドメンバーの資格だけでは使えません)
DSC07573.jpg
ラウンジの中身はビジネスクラスラウンジとほぼ一緒ですが、ファーストの方が人が少なくて落ち着いて過ごせます。

ダイニングエリアはそこそこ充実してます。
DSC07284.jpg
食べ物の味は不味くもなく美味しくもなく、といったところですが、なんとビールが冷えてました!
以前来た時は常温ビールしかなかったのに。大きな進歩です。

北京⇔シンガポールは往復とも最新のB787-9があてがわれてました。
DSC07285.jpg
今回は往路は昼行便、復路は夜行便を利用してみました。

座席は2-2-2配置で窓側席の場合は人の前を横切って通路に出ることになります。
DSC07556.jpg
座席はフルフラットになります。北京⇔シンガポールは約6時間とそこそこ長いフライトなのでありがたいです。
少し幅が狭いので寝がえりうつのは無理ですが、ふかふかの掛布団と相まって至極快適でした。

少し気になったのがモニターの位置。
DSC07286.jpg
席に座ると微妙に斜めの位置になってなんか落ち着かない感じでした。

CAの接客はなかなか良いです。
ANAやJALみたいに至れり尽くせりというのとは違いますが、適度に放置してくれて居心地よかったです。
食事時間の希望とか、一人ひとりの要望も聞いてくれてました。

機内食は日本線よりも選択肢が多く少しだけ豪華です。
往路の前菜。
サラダは好きなドレッシングを目の前で掛けてくれるサービス付き。
DSC07289.jpg
見た目も良く、野菜がシャキシャキしてて美味しくいただけました。

メインはインド料理(?)のラム肉のコルマソースをチョイス。
DSC07290.jpg
スパイスが効いてて大変美味。大当たりでした。

そしてデザート。
DSC07291.jpg
これは普通のお味。
機内食は日本路線よりも総じてレベルが高かったです。

機内食を楽しんだらフルフラットシートでぐっすり休んで疲れ知らずのまま目的地に到着。
シートも料理もサービスも、欠点らしい欠点が無い素晴らしいフライトでした。

エアチャイナのビジネスクラス、コスパ最高です。
ほんとにこんなに安くていいのか心配になるくらいに。

今回のフライトですごく気に入ったので、リピート確定です。
早速年末年始のヨーロッパ行フライトを予約してしまいました。

次の搭乗が楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

オーストリア旅行・2017年夏 その3

ザルツブルク滞在最後の夜、コンサートにも行ってみました。
会場はミラベル宮殿。
宮殿前には見事な庭園が広がっていて、開演までの時間つぶしで散策するのにちょうど良かったです。
DSC07171.jpg

DSC07173.jpg

開演時間が近づいたので宮殿に向かうと、豪華絢爛なコンサート会場に通されました。
DSC07191.jpg
半袖にジーンズというラフな恰好だったので、場違いだったか?と焦りましたが、客の半分程度は同じようにラフな格好だったので浮かずに済んで一安心。
こんな歴史ある宮殿で一般人が気軽にに音楽を楽しめるなんて素晴らしいです。

肝心の演奏は素晴らしいの一言。
あまり肥えた耳じゃないので批評とかはできませんが、心を引き付けられる演奏で大満足でした。

コンサートを楽しんだ翌日、帰りの飛行機に乗るためにウィーンへ移動。
飛行機の出発まで余裕があったので、ウィーン市内の教会を2か所巡ってみました。

1か所目はシュテファン大聖堂。
DSC07215.jpg
ウィーンの中心地にある大きな教会です。
前にも一度来てますが、改めて見ても荘厳さに圧倒されました。
DSC07205.jpg
よくもまぁこんな建物を作ったものです。

2か所目はシュテファン大聖堂からすこし奥まったところにある聖ペーター教会。
DSC07206.jpg
DSC07209.jpg
ここでも素晴らしい内装ですが、さらにパイプオルガンの演奏も聴けちゃいました。
身体に響く重低音と澄んだ高音の組み合わせが最高に心地よかったです。

短いウィーン滞在を満喫して帰りの飛行機。
DSC07217.jpg
今回もオーバーブッキングでプレエコにアップグレードされてラッキーなフライトになりました。
帰りは乗り継ぎ便の接続が悪く、台北で一泊。

せっかくの台北なので、ホテルの近くをぶらぶらしてみました。

DSC07227.jpg
どうやって乗り降りするのか分からないほどギチギチに駐輪されたバイクが如何にも台湾的。

そのまま歩いてオタク街・西門街に突入。
DSC07231.jpg


西門街を散策ついでにふらっと立ち入ったアニメイトで高雄LRTの萌えキャラ(小帕ちゃん)のグッズを可愛さのあまり衝動買いしてしまいました。
DSC07232.jpg
台湾の萌え文化は一段と進んでいるようです。
台湾はまだ乗り継ぎでしか寄ったことが無いので、いずれ近いうちにじっくり観光したいものです。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。