スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて海外に行ったときのこと その2

フランス滞在3日目、今日も元気にパリ観光!
この日は月に1度の美術館無料開放日だったのでルーブル美術館へ行ってみました。
P9050127.jpg
地下鉄に乗って向かいます。

改札を出るとそこには美術館入り口まで続く長蛇の列。P9050128.jpg
さすが無料開放日。半端じゃない人だぜ....

やっとのことで美術館内部へ
P9050140.jpgP9050200.jpg
おぉ 教科書とかでよく見るやつだ!
P9050177.jpg
有名なものばかりなので美術の知識がなくとも楽しめます。

そして、モナリザに群がる人、人、人・・・・
P9050168.jpg
人波をかき分けてやっとこさたどり着きました。
P9050170.jpg
じ~っ
こっちみんな。

人波に疲れてきたので美術館を出る事にしました。
ふと窓から外をみると
P9050180.jpg
ヒョエー 凄い行列になっちゃってる。早めに来てよかったぁー

お腹がすいてきたのでルーブル周辺を散策しながらお店を探しました。すると、なんとうどん屋があるではないですか!ついつい入ってしまいました。
P9050214.jpg
うみゃい!たった3日和食を食べてなかっただけですが、和食が身に滲みるようでした。
食べ終わり近辺を歩いてみると、クロネコヤマトとかもあって日系のお店が集まっている地区のようです。

お腹が満たされたところで次の有名どころ、ノートルダム大聖堂へ行ってみました。
P9060136.jpg
間近で見ると迫力あります。中に入ると、日曜の礼拝が行われていました。
P9060106.jpg

P9060115.jpg
神聖で厳かな雰囲気が漂っています。

聖堂の中を見て回った後、疲れがたまってたので早めにホテルに帰りました。

そして明くる朝のこと。
この日は一日観光して夜行列車でパリを発ち、イタリアはミラノへ向かう予定でした。奮発して夜行列車の一等の個室を押さえてあります。楽しみで仕方ありませんでした。
が!
さて観光に行こうと部屋を出ようとした時電話が鳴りました。出てみると、夜行列車の手配をお願いした日本の代理店からでした。何事かと思って話を聞くと、なんとフランス国鉄がストライキを起こして夜行列車の運休が決定したとの事。
ナンテコッタイ\(^o^)/
夜行列車のチケットが一瞬で紙切れになってしまいました。(これ以降慌てていて写真があまりとれてません)
こうなっては観光どころではありません。どうにかしてミラノへ移動しようと現地の旅行会社の窓口に行ってみました。
相談すると、飛行機で行けるには行けるが目が飛び出るほどの値段。そんなお金はないので他に手段は無いかと聞くと、今から1本だけ、ミラノ行きのTGVが運行されるとの事。空席はもう無く、駅員に止められるだろうが無理矢理乗り込んでしまえ、とのこと。仕方ないのでそうすることに。
案の定ホームに入る前に切符のチェックがありましたが、夜行列車のチケットを見せて乗れなかった事をアピールしたら乗せてもらえました。
でも席は埋まってしまってるので、デッキに座り込んで約半日を過ごすことに。
優雅な列車の旅のはずが...

ここで友人があることに気付きました。
今晩の宿が決まってない!
あわてて地球の歩き方とにらめっこして宿を探します。
ミラノ駅前に安い宿があったので電話してみると、運良く泊まれる事に。
これで一安心。と思ったのもつかの間、何かアナウンス(多分フランス語とイタリア語で)があった後、列車が田舎っぽい駅に止まり乗客が皆降りていきます。何事かと思っていると、同じデッキに居たおばさんが、列車が故障した、と英語で教えてくれました。
ほんとツイてない..
と、いうわけで山に囲まれた駅に1時間ほど放置プレイ。
P9070060.jpg
P9070063.jpg

さんざん待って、ようやく代わりの列車到着。
P9070066.jpg
乗り込んでミラノへ向け再出発。

結局、夜10時頃ミラノ到着。夜の街は危ないので、宿に直行してこの日は終了。
初海外でストに巻き込まれるとかハードル高すぎですよ、ほんと。

その3へ続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。