タイ旅行 その4 旧ブルトレに乗って

チェンマイでの観光を終えて、チェンマイ駅。
バンコクへは往路と同じく寝台車で帰ります。
こんどこそは旧JR車で、と願いつつホームで列車の入線を待ちました。
bthai2014040201.jpg
出発時刻の16時になってようやく推進運転で入線してきました。始発駅で早くも遅れ発生です。
でも乗務員も乗客も誰も急ぐ様子は無し。タイらしい光景です。
私もゆっくり荷物をもって自分の車両、6号車を探しました。
6号車、6号車は・・・
bthai2014040207.jpg
旧JRの車両!よかったー、タイに来た目的をようやく果たせました。
バンコクまでブルトレ(パープルになっちゃってるけど)の旅ができます。

6号車のドアから車内へ。
bthai2014040209.jpg
ホームが低いので荷物を押し上げるのにも一苦労です。でもホームがあるだけまだマシ。先頭から4両くらいはホーム外に飛び出してますから。
ホームと反対側のドアも全開になってました。日本ではまずありえない光景です。往路でもドア開けっ放しで走ってたこともあったんで、ドア管理はいい加減なのでしょう。
そして自分の寝台へ。
bthai2014040215.jpg
あぁ、懐かしのB寝台です。
しかも、なんと簡易扉付のBコンパートタイプ!
bthai2014040221.jpg
レアものに当たりました。
ほんとタイまで来た甲斐があった。

乗り込んで20分ほど待ったところで列車が動き出しました。
バンコクまでの14時間の旅(時刻表通りなら)の始まりです。
ルームメイトはタイ人青年が2人。英語が通じなかったので、辞書片手に談笑しつつ過ごしました。
彼らはJR車両に乗るのは初めてのようで、折り畳み式のテーブルや梯子に興味津々。
テーブルの固定の仕方とか説明したりしているうちに、あっという間に夕暮れになりました。
bthai2014040234.jpg
旅情が増して気分はすっかり世界の車窓から。

やることがなく暇になったので、ここで軽く車内探索に出かけました。
とりあえず隣りの車両に行ってみます。
bthai2014040226.jpg
貫通扉にはB寝台の表示が残ってました。
bthai2014040240.jpg
こっちの車両は普通の開放型B寝台タイプ。
bthai2014040239.jpg
あちこちに日本語が残ってました。

さらに進んで先頭の1等車。車掌さんにお願いして写真だけ撮らせていただきました。
bthai2014040242.jpg
通路からして少し高級感が漂ってます。
bthai2014040244.jpg
あさかぜとかで使われてたタイプのシングルデラックスかな?この車両は老朽化が酷いようで、しょっちゅう代替車両が入るとか。そろそろ寿命かもしれません。
数枚写真に収めた後、自分の寝台に戻りました。

やがて日が落ち、19時過ぎに夕食を寝台に持ってきてもらいました。
bthai2014040245.jpg
トレーを置ける大きさのテーブルが無いので食堂車で食べるべきでした。
行儀悪いですが、皿をもって食べます。味は相変わらず辛くも美味しいものでした。

食後、同室者が就寝モードになったので、自分でシーツを敷いてベッドをこしらえてみました。
bthai2014040249.jpg
寝相は悪い方なので、転落防止柵をベッド下から引き出すのも忘れずに。
少し本を読んで過ごしてから寝台に横になりました。
bthai2014040248.jpg
せっかくの寝台列車に乗ったのだから寝るのはもったいない、けどそれでは寝台の意味が無いという鉄ヲタジレンマを抱えつつの就寝。
横になって実感したのですが、JR車両の静粛性は非常に良いです。往路の車両とは段違いに静かです。コンパートメントの扉を閉めると特に。静かに響くジョイント音が心地良い子守歌になり、すぐに寝付いてしまいました。

翌朝目覚めると、列車はすでにバンコク郊外まできていました。
bthai2014040251.jpg
時計を見ると6時半。定刻ならすでに到着している時間ですが、案の定遅れているようです。
同室の青年はすでに下車したようで、コンパートメントは占有状態になってました。

だんだんと車窓が都会になり、7時ごろドンムアン空港付近にさしかかりました。
bthai2014040255.jpg
ここから終着駅までは15kmもありません。なのであと10分くらいで着くだろう、と思っていたのですが。
行き違いがあるのかなかなか進まず、8時半にようやく終着駅に到着しました。
bthai2014040274.jpg
たっぷり2時間遅れ。今回はブルトレの旅そのものが目的なので、遅れてくれて長く乗れたことに感謝です。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR