スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラトビア・リトアニア旅行 3 シャウレイ・十字架の丘

こっからリトアニア編です。

リガからちっこいバスに乗ってお隣の国、リトアニアのシャウレイという街まで移動しました。
lDSC05592.jpg
隙あらば前の車を追い越そうとする運転にヒヤヒヤさせられましたが、それを除けばWi-Fiも使えてなかなか快適。
途中休憩で、車のエンジンをかけたまま運転手がトイレに行ってたので、本当に治安の良い国のようです。

シャウレイでバスを乗り継いで郊外の畑の真ん中で下車。
lDSC05597.jpg
田舎道をてくてく歩きます。

10分ほど歩き、今回の旅のメイン、十字架の丘に到着!
lDSC05606.jpg

十字架が無数に突き立てられている異様な光景。ネットで見て、ウオッ、なんだこれは!?っとなって立ち寄ることに決めた場所です。
発祥は良くわからないようですが、誰とはなしに十字架が立てられ、ソ連の弾圧にも負けずに増え続け、いまや数万本の十字架が建っているそう。

丘の上にも自由に入れます。
lDSC05616.jpg
辺り一面十字架が立ち乱れているこの光景。世界でここでしか見れないでしょう。

さほど観光地化されている訳でもなく、落ち着いてゆっくり見てまわれて大変満足でした。

十字架の丘からシャウレイの街まで戻り、レストランで昼食兼夕食。
lDSC05644.jpg
適当に選んだビールがめちゃくちゃ美味しい!すごい濃厚な麦の香り。
ただアルコール度数が異様に高かったようで、一杯飲んだだけで真っ直ぐ歩けないほどの酔っ払い具合になってしまいました。
そんな千鳥足状態で、この日の宿、ホテルシャウレイにチェックイン。
lDSC05654.jpg
がら空きとのことだったので、最上階の部屋にしてもらいました。
ホテルのほかに高い建物はなく、素晴らしい景色!
lDSC05648.jpg
ただ、窓に遮光カーテンが無いのには困った・・・
緯度が高く、夏は夜23時くらいまでは明るいので、寝たくても寝れない状態に。
一泊朝食付き30€という安さで日本のビジネスホテル並みの設備というコスパの良さですが、そこだけは残念でした。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ラトビア・リトアニア旅行 2 リガ観光

首都とは思えないラトビアのリガ空港に到着したわけですが、市内に行く手段はバスかタクシーしかありません。
見た目通りの田舎空港です。

果たしてタクシーが安全なのかどうか、ぼったくられるのかどうかわからなかったので、路線バスで街まで行くことにしました。
空港駐車場を挟んだバス乗り場から22A番のバスに乗ってリガ駅前まで。
lDSC05489.jpg
運賃は2€だったかな?。安い。

駅前のホテルにチェックインして観光へ出かけました。
リガの見どころは旧市街に固まっていて、さほど広いエリアでもないので、徒歩で十分見て回れます。
教会を覗いてみたり、街並みを眺めながらお散歩。
lDSC05497.jpg

lDSC05495.jpg
道路にドーンとカフェテラスがある光景を見ると、ヨーロッパに来たんだなぁと実感が湧きます。

本当にこじんまりとした街で、半日とかからずにだいたいの観光名所は見てまわれました。
一番見応えがあったのはリガ大聖堂にある修道院の回廊かな。
lDSC05540.jpg
美しいし、展示物も多くて楽しめました。

リガ観光の締めくくりにカフェテリアスタイルのレストラン"ヴェールマニーティス"で夕食。
ビーツの冷製スープとかロシアで見たような料理が割と多く、その中から美味しそうなのをチョイスしてみました。
lDSC05570.jpg
これで7€くらいですから、西欧では考えられない安さです。しかも美味しい。
ビールも安くてうまい。
あと、ウェイトレスさんの制服が凄く可愛い!まさに天国です。
最高の気分でリガ観光を終えました。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ラトビア・リトアニア旅行 1

今年は1週間の夏休みを取ってラトビアとリトアニアに行ってきました。

旅行先としてあまりメジャーではないようで、友人にラトビアとリトアニアに行ってきたよ!って言ってもそれどこ?という反応が圧倒的でしたが、スウェーデン・フィンランドとバルト海を挟んだところにある、所謂バルト三国と呼ばれる国のうちの2ヵ国です。

特に行きたい場所があったわけではないですが、欧州の美しい街並みが楽しめて物価も安いそうなので、ゆったりまったり休暇を楽しもうと行ってきました。
今回はそんな旅行記です。

出発日。中部セントレア空港。
最初の目的地はラトビアの首都・リガなんですが、直行便なんてありません。
経由便しかないのなら、マイルが貯まる経路が良い、ということで、タイ国際航空でバンコクを経由してフランクフルトまで飛び、そこからルフトハンザでラトビアの首都・リガへ向かう経路で航空券を予約してあります。
大きく南に迂回する分マイルはガッポリですが、その代償として、普通に行くと15時間程度で着く道のりを倍の30時間ほどかけて行くことになます。
長時間移動ですが、飛行機好きなので問題なし。

セントレアでチェックインを済ませ、リガまでの3枚のチケットを手にして出国しました。
チェックインしてくれたスタッフさん、発券と荷物の取り扱いにかなり手間取ってました。タイ国際航空→ルフトハンザと乗り継ぎ、マイナーな空港に行くわけですからね・・・・ややこしい経路でごめんなさい。

出発時間まではラウンジに入って朝ビールを楽しんでました。
lDSC05445.jpg
朝酒を堂々と楽しめるのは旅行中の特権です。最高。

続きを読む»

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

劇場版ラブライブ! ニューヨーク聖地巡礼からの帰り道

ニューヨーク聖地巡礼を終え、μ'sが駆け抜けた青春を追体験したかのような充実感と、二度と戻らない青春への寂寥感が組み合わさったような何とも表現し難い余韻に浸りつつニューヨークのホテルを後にしました。
↓2泊したラマダ・ニューヨーク・イーストサイド。
krDSC05192.jpg
マンハッタンの中心地でそこそこ広い部屋で清潔で、値段もダブルの一人利用で1泊2万円弱とニューヨークにしては安め。
満足のいくホテルでした。

帰りは予定通りニューヨークJFKから中国国際航空を使って北京経由で名古屋へ帰ります。

電車でJFK空港へ行き、中国国際航空のカウンターでチェックイン。
中国人係員の投げやりな態度で聖地巡礼の余韻を軽く吹っ飛ばされ、ああ、これから中国行かなきゃいけないのか・・・ 余韻に浸ったまま真っ直ぐ日本に帰りたい・・・と思ってしまいました。

続きを読む»

テーマ:聖地巡礼の旅 - ジャンル:旅行

劇場版ラブライブ! 聖地巡礼 ニューヨーク編

ニューヨークで巡礼した場所を映画の順番で。
時間が無く、また天気も悪い中の巡礼だったので、構図が結構適当だったりします。

まずはホテル。
ll00a.jpg

ll00b.jpg
外観は5Ave. 59St.付近のプラザホテルが似てるかな。

1日目の夕食のシーン。
ll01.jpg

ll02.jpg
Junior'sブルックリン本店です。


ことりのおやつも頂いてみました。
ll03.jpg
Here it is~♪
ll04.jpg
ホールではなく一切れだけですが、結構な大きさで味も濃厚なので、食べ切るのに一苦労でした。
ホールで注文することりちゃん、恐るべし。
ちなみにお値段はコーヒーとチーズケーキ一切れで、チップ込みで12~3ドルといったところ。ニューヨークの物価高いです。

続きを読む»

テーマ:聖地巡礼の旅 - ジャンル:旅行

プロフィール

ミル

Author:ミル

Twitter
 
タグ無限ツリー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。